構造へのこだわり

耐震に優れた木骨SE構法を標準採用

耐震に優れた木骨SE構法を標準採用
にいむの杜の家の構造躯体は、木骨構造であるSE構法を標準採用しています。

性能の安定した構造用集成材を、特殊な金物によって強固に結合することによって、重量鉄骨造のような耐震性を木造で実現することが可能となります。

そして、在来木造や2×4と異なり、構造的に必要な壁や柱が減るので、広々とした空間や大きな開口窓、吹き抜け、ビルトインガレージなどが安全に実現できます。

都会の限られた敷地に最大限の空間を提案するために大きな役割を果たす構造体なのです。

構造計算による数値化された安心感

このSE構法では、全ての構造の安全性を構造計算によって確認しています。
一般的な在来木造の構造の考え方では、躯体の大きさや壁柱の配置などは、設計者の勘と経験によって決められています。

よって、その設計者のスキルや意向によって強度に不安のある建物も存在するわけです。

にいむの杜がご提案するSE構法は、超高層ビルと同様の考え方で、意匠設計者は別の専門の構造設計者が構造計算を行っており、
その安全性は非常に優れた基準にあると言えます。
「安心の住まい」はこの最先端の技術から生まれています。

資産価値の高い長期優良住宅

建てては壊し、また建てるという日本の住宅建築体制を変えるために制度化されたのが、「長期優良住宅制度」です。

これは、耐震性や耐久性や温熱環境などの住宅性能を一定の基準に満たす建物を、政府が認定するという制度です。

このお墨付きをもらった建物は、将来中古住宅として流通する時に一般の住宅より高く評価するということが前提の制度です。

つまり、資産価値として高く維持できる住宅ということです。
にいむの杜では、全ての新築住宅はこの性能を標準としてご提案します。

一般の工務店では今までより高性能でコストアップなのでしょうが、
元々同レベルの住宅をご提案してきた私たちにとっては、
いわば当たり前のご提案なのです。
安全で心地よく暮らせる家を長期間にわたって
資産として活用できる家を提供していきたいからです。

スケルトン&インフィルで自由な間取り

長期間にわたり暮らすということは、ライフスタイルが変化するということでもあります。
また、中古住宅で流通するということは、新しい購入者の家族構成に対応できる家でなければいけないということでもあります。
そこで必要となる設計手法が「スケルトン&インフィル」です。
これは、スケルトン(構造)とインフィル(間仕切り壁・内装・設備)は別々に考えて設計するという考え方です。
マンションなどのRCや重量鉄骨では当たり前の考え方です。
しかし、構造的に柱や壁を多く必要とする在来木造や2×4では、
非常に困難な設計手法でもあります。
そこで、にいむの杜で採用しているSE構法の最大の長所を活かすことで、
それを実現することが可能となっているのです。
長期優良住宅というお墨付きもありながら、
在来では困難なフレキシブルな構造躯体を持つ家が、
本当の意味で資産価値の高い住宅といえるのではないでしょうか。

お問い合わせ

TOP