空気へのこだわり

リバース工法による健康な家づくり

にいむの杜では、健やかな暮らしを実現するために必ずご提案してる技術が「リバース工法」です。
これは、部屋の内装部に専門の施工をすることで、発酵型微生物(善玉菌)を培養して作る特殊酵素を、建築に活用する工法です。
その酵素の抗酸化力が住まいの空気環境を理想的に整えます。

「抗酸化」つまり「酸化を防ぐ」という意味ですが、この処理を行うことで、部屋全体の空気そのものを快適にするという考え方です。

抗酸化リバース工法保障制度のご案内

近年、室内空気環境による健康被害が増える中、
シックハウス症候群をも保障対象とする抗酸化リバース工法保障制度が大手外資系保険会社AIU保険から認められました。

この保障制度は、抗酸化リバース工法を採用した建物において、施設賠償保険、請負業者賠償保険、生産物賠償保険に加え、シックハウス症候群をも保障対象とする画期的な内容となっています。

健康を保障することで、より安心できる家づくりのお手伝いが出来ると思っております。

シックハウス症候群・アレルギーでお悩みの方へ

シックハウスの主な原因とされるのは、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒド、VOC(摘発性有機化合物)です。

その対策として建材は、ホルムアルデヒド発散量が規制されていますが、いまだにシックハウスに悩む方は多いようです。

この抗酸化リバース工法によって、このような有害物質は人体に影響が出ないレベルまで確実に低減します。

アトピーや花粉症などアレルギーにお悩みのご家族を持つ方は、
是非お気軽にお問い合わせいただきたいと思います。
また、この「抗酸化」の機能をお気軽に体感していただくための施設として
「抗酸化陶板浴」をご用意しています。
是非お気軽にお問い合わせください。

見ても触っても人にやさしい自然素材

私たちは、床や壁など人間が触れる場所にはできるだけ人にやさしい自然素材をご提案したいと考えています。
それは、有害物質が出にくいという性能的な理由もありますが、もっと大事なことは、感覚(感性)的な理由です。
自然素材は触る感覚も新建材とは異なった優しさを持つことは当然ですが、視覚的にもなんとなく優しく落ち着いた心地よさを持っています。
また、デザイン的にも人工的に造られた新建材と異なり、時間が経てば経つほど独特の風合いを醸し出す長所も持っています。

にいむの杜では抗酸化リバース工法を採用しているので、それだけで有害化学物質は消えてしまいますので、予算によっては全てを自然素材にしなくても健康な暮らしは可能です。
ただ、そこに感覚的にも安らぎを与えてくれる素材をできるだけご提案したいのです。

見ても触っても人にやさしい自然素材

無垢の床は、柔らかさと暖かさを持ち、はだしで歩いても心地よい素材です。
これは新建材のフローリングでは感じない心地よさです。
また、小さなお子さんもハイハイしながら手で触っても優しい感触を持っています。
また、壁にはビニールクロスを使わずに、ケナフや和紙、珪藻土などの自然素材を使うことで、
自然に湿気を調整してくれる調湿機能を発揮してくれます。
このような自然素材は、
大手ハウスメーカーやローコストメーカーはあまり積極的ではありません。
何故なら、施工が難しいからなのです。
それはもはや顧客視点ではなく、
大量生産を第一目的とする上で扱いにくい素材はできるだけ使用したくないという、
自社都合による理由に思えてしまいます。
このようなデリケートな素材を丁寧に施工していくということも、
私たちの強みだと思って取り組んでいます。

お問い合わせ

TOP